• TOP
  • > 雑誌制作情報
  • > 雑誌広告基準カラー・ベンダーキット

雑誌広告基準カラー・ベンダーキット

雑誌広告基準カラーに準拠したプリンタ/DDCPの開発に必要な情報を1つのパッケージにしたプリンタメーカー、ベンダー、製版・印刷機器メーカーなどを対象とした開発用キットです。

JMPAカラーとは

 JMPAカラー(雑誌広告基準カラー)とは、雑誌広告の制作から送稿、印刷に至る全てのフローにおいて、デジタルプルーフを運用するための「色基準」のことです。つまり、雑誌広告であれば、それに関わるどのプレイヤーでも同じ色見本を出せるための必須条件です。JMPAカラーを運用することによって、それぞれにバラバラな運用がされていた「色見本」をある一定の範囲内で共通に取り扱うことが可能となり、広告業界全体のワークフロー改善につながることを目的としています。

JMPAカラー・ベンダーキットとは

 JMPAカラー(雑誌広告基準カラー)をプリンタ/DDCP等に搭載するための、開発に必要な情報を1つのパッケージにした、プリンタメーカー、ベンダー、製版・印刷機器メーカー等を対象とした開発用キットです。JMPAカラー(雑誌広告基準カラー)専用の評価用画像と評価用カラーチャート、およびISO12642出力ターゲット(ISO/JIS-SCID※注)がレイアウトされたJMPAカラーDDCP出力サンプル、データの入ったCD-ROM、取扱説明書/使用許諾書から構成されています。

※注…高精細カラーデジタル標準画像データ ISO/JIS-SCID(日本規格協会発行)のS7、S8、S9及びS10の画像データを、縮小及び再レイアウトし、一つの画像として改変したものです。

 また、評価用画像については、「JMPAカラー」のために撮影およびJMPAカラーのマッチング評価に使えるよう加工したサンプル画像を使用しています。同じく評価用カラーチャートも、一般的な雑誌広告によく使われるであろう色をピックアップし、さらに通常の雑誌広告であまり使われていないTAC値(総網点面積)300%以上の色を外した「雑誌広告のための」評価用カラーチャートになっています。

それぞれの概要と目的

1. JMPAカラーDDCP出力サンプル

  • JMPAカラーによる8種類のDDCP出力物です(A4トンボ付きサイズ)。
  • JMPAカラーのターゲットとなります。測色および官能評価用にご使用下さい。
  • 8種類の自然画像および3種類のカラーチャートがレイアウトされています。
1.1 JMPAカラー専用の官能評価用自然画像
  • 1.1.1 Photo-A…少女(人肌、グレーなどの中間色および原色系の確認用)
  • 1.1.2 Photo-B…風景(空、海、緑など記憶色の確認用)
  • 1.1.3 Photo-C…石膏像(淡いトーンおよび様々な色彩の確認用)
  • 1.1.4 Photo-D…金属(グレーおよびコントラストの高い金属類の確認用)
  • 1.1.5 Photo-E…少女(グレーバランスの確認用)
  • 1.1.6 Photo-F…少女(セピアのバランスの確認用)
  • 1.1.7 Photo-G…夜(濃紺およびシャドウ付近の色調確認用)
  • 1.1.8 Photo-H…階段(セピアのシャドウ部のバランス確認用)
1.2 官能評価用自然画像の評価のポイント
1.3 カラーチャート
  • 1.3.1 JMPAカラー専用測色評価用カラーチャート Ver.2.01(428パッチ:Ver.2と同じ構成)
  • 1.3.2 CMS用補助チャート(ICCプロファイル作成等におけるシャドウ色の補助用チャート)
  • 1.3.3 ISO12642出力ターゲット(ISO/JIS-SCID)

2. CD-ROM

  • JMPAカラーDDCP出力サンプルに使用されたレイアウトデータがPDF形式で収められています。
     カラーマッチング評価用出力データとしてご使用下さい。(ISO12642出力ターゲットはEPS形式)
  • 8種類の自然画像および3種類のカラーチャート画像データが含まれます。
  • 添付されているJMPAカラーDDCP出力サンプルの、JMPAカラー専用測色評価用カラーチャート
     (428パッチ)実測値が、製造基準値として納められています※。
  • ※…この測色値はあくまでも製造基準値であり、JMPAカラーそのものの数値ではありません。

JMPAカラーDDCP出力サンプルについて

1. JMPAカラーDDCP出力サンプル詳細

  • 機種:インクジェット方式

2. 褪色について

JMPAカラーDDCP出力サンプルは、通常の印刷物やデジタルプリント同様、徐々に褪色していくことが考えられます。ただし、保存条件によってはその進行を遅らせることができますので、以下の保存条件範囲で保存されることを推奨します。

【JMPAカラーDDCP出力サンプル推奨保存条件】
温度:23℃±3℃
湿度:50%±10%
使用時以外は暗所保存

以上の条件で保存した場合、お手元に届いてから6ヶ月間、平均色差ΔE=3以内に保つことが可能です。お手元に届いたら、すぐに測色を行うことを推奨します。

  • JMPAカラーベンダーキット申込書
    新規版(pdf / 168KB)
    ダウンロード
  • JMPAカラーベンダーキット申込書
    バージョンアップ版(pdf / 69KB)
    ダウンロード