ゴールデン・アロー賞とは

この賞は、日本芸能界の技能の向上と、その育成、繁栄を願い昭和39年に日本雑誌協会の日本雑誌記者会、芸能記者クラブによって設立されました。「ゴールデン・アロー(黄金の矢賞)」のネーミングは、同記者クラブ加盟の各社からの募集により決定されたものです。
各年度で芸能界をもっとも代表する芸能人が受賞しており、今回で45回目を迎える伝統ある賞です。また、数ある「賞」の中でも芸能全般に渡ってその功績を讃える賞は他にありません。
また、第5回昭和42年度大会からは、グラフ賞が設けられました。他の各賞とは異なり、この賞は各社のカメラマンが所属する日本雑誌写真記者会が選考する賞です。この賞は、あくまでもカメラマンの目から見た“被写体賞”とも言うべきもので、その年度でもっとも雑誌のグラビアを飾り話題を提供してくれた「被写体」が受賞者に選出されています。
なお、同賞は、45回をもって終了しました。

歴代受賞一覧pdf / 161KB)